ひびこれ。

2016年からライター。1年で月収35万達成、最高50万達成、境界性パーソナリティ障害、双極性障害など

1年で稼げるライターになる方法

今回は、前回の記事とリンクしていますが1年前はライティングで数万しか稼げなかった私が、一定の収入(今は平均して40〜50万です)を得られるようになるまでをお伝えします。

 

まあ、ライティングだけでなく、より単価の高い翻訳も入っているのでライティングだけをやるライターさんは35万程度を目安に考えてください。

 

ライティングのラの字も知らなかった私ですが、在宅で自由に仕事をしたい!

物書きをして名を残したい!と思いネットの海に身を投じました。

 

最初はクラウドワークスで文字単価0.5円なんかの仕事を受けていましたが、これも数をこなせば相当量になります。

 

数があればあるだけ実績になりますし、評価が高くなれば依頼も増えるので、最初の数ヶ月は安い仕事でも請負まくりました。

 

ランサーズは個人的にサイトデザインが見づらいので使ってないのですが、クラウドワークスのアプリをi phoneに入れて常に売り込み!

 

最初はひたすら応募です。

テンプレ文章はi phoneのメモ帳に書いてあるので、コピペして少し弄るだけで終わりですね。

 

なんとも簡単!!これやっていない方は是非メモ帳にテンプレの応募文章と、今までの実績(URLなど、記名記事があればなお良し)を羅列しましょう!

 

そして半年が経った頃に、付き合いが半年以上続いているクライアントさんには思い切って単価のこうしょうをしてみること。これは0.5円上がれば御の字レベルです。

 

0.5円の仕事が1円になれば、つまりは同じ労働時間で倍稼げますよね?そういうことです。

 

私は元営業マンなので、その辺の交渉は臆することなくやっていますし、あまりに安い仕事ばかり請け負うと、他のライターさんの迷惑になると思って引き受けないようにしました。

 

市場価格の崩壊につながってしまいます。というかもう市場価格は崩壊してますけど…。

 

あとクラウドソーシングだけでなく、ライター募集事務所やWantedlyを使うと格段にいただける値段が上がります。

 

審査ありのライター登録サイトPENYAなどもおすすめです。文字単価にして2円以上なので、専門知識のある方は是非登録してみてください!

 

 

ここで2記事書いて確か8800円くらい頂きました。

 

ライター歴半年でのことです。

 

安い仕事しかない、専門的知識がないと嘆く前に、自分でSEOの勉強をしてみたり、営業力をつけていきましょう。自信なかった私でも、1年弱でコンスタントに稼げてます。

 

月収40〜50万が稼げてるかどうかは、読者の方にお任せしますが、アラサー独身女なので十分です。

 

そんな贅沢しない普通の人間ですし。

 

ただ、食べ物や健康グッズにお金をかけています!!それは労働対価としてリターンされるものと考えています。

 

体が資本ですし、資本は自分でしかないのがフリーランスですから。