ひびこれ。

駆け出しのフリーライター兼翻訳者。ことばの箱、言語の波にのまれて生きる。

クラウドワークスの相場がいかに安いか。

もうこの手の話題はあちこちでなされていると思うのですが、本当にクラウドワークスは安いですよね。

ランサーズは登録したものの、サイトデザインが少し微妙だったし使ってません。

 

簡便性大事です。

 

さて、最近私は直接取引のお客様や、Wantedlyというサイトでマッチングした方とお仕事させてもらえているのですが、クラウドワークスより数倍稼げるし為になります。

 

まず、クラウドワークスはピンハネがひどい。

発注したこともあるから中間マージンいくら取られてるかは大体わかります。

 

そして意味不明なのが、お給料振込みに手数料500円とか取られること。

サイト利用料にしては高すぎません?毎回振込みのたびにこの値段?って思いました。

 

 

嫌ならやらなきゃいいわけなんですけど、クラウドワークスでも超優良案件とか、交渉して単価上げてもらえることありますしね。

 

実際、クラウドワークスでは直接取引は禁止されていますが、契約をする前に相談して互いが直接契約しましょう!となれば、銀行振込みでやりましょう!となるのがオチです。

 

私も依頼だったのですが、超特急で大量翻訳、かつ難易度は星4.5くらいのものを引き受けて、結局30万円から35万円でおちつきましたしたね。

 

とりあえず25万円支払われたのですが、残りの追加分も今月には支払われますから、その時点で今月はラッキーにも月収30万以下になりせん!

ざっと試算しましたけど、幸運にも今月だけは月収50万(税抜き手取り) 近くあります。

 

ね?クラウドソーシング使うよりもはやくに、クラウドソーシングが求める「プロクラウドワーカー」より稼げませんか?

 

まあほかに、直接取引しているお客様は、小沢法人含めると5者さま以上おられるので、今こそクラウドソーシングの比率を減らしていくタイミングなのかなぁと思います。

 

 

そして、クラウドワークスではクレジット付きの記事になるのこともすくないし、どんな会社が何をしてて、今何を求めているわかりづらい。

 

その点Wantedlyだとすぐに見られるんで安心です。実名制なのと皆さん経歴を書いておられるので、信用できますし、こちらも信用されます。

 

同じ文字数の仕事直を直案件でいただけたら、最低1タイトルで1000円なのに、クラウドワークスでは300円とかですしね。

 

主婦の方などのお小遣い稼ぎにはいいかもしれませんが、結局はステップのための練習台かなぁとさえ思いました。

 

Wantedlyは比較的専門性が高く、ライターとしての経歴や経験もある方を求めているので、SEO知識の少ない初心者向けではないですが、ある程度場数踏んだ人にはオススメします!

 

翻訳とかも桁違いのお値段がいただけますからね。

 

つまり専門分野があれば、Wantedlyで簡単に稼げるし、社員の方との面談でうまく成約するので、ぜひ検討してほしいって話でした。