ひびこれ。

2016年からライター。1年で月収35万達成、最高50万達成、境界性パーソナリティ障害、双極性障害など

自分の限界を決めてはいけない

最近、新しい案件に携わることが増えました。

急遽依頼された翻訳とか、記名記事とか…その翻訳の詳細はあまり書かせんが、明治時代の軍事関連モノを翻訳するもので納期はあと6日…_:(´ཀ`」 ∠):

日本語の総文字数25000文字です、正直めちゃくちゃしんどいです!!

軍事用語とか明治時代の人が使う言葉遣いをいかに英訳するか、まず日本語のボキャブラリーが豊富でないと無理だと感じました。

言い換えの表現でうまく伝わることが一番わかりやすいんじゃないかな?と故人的には思います。字幕翻訳なので、あまり長ったらしすぎると尺にあわないので。

6月上旬の納期がめっちゃしんどくて死ぬんちゃうかとおもうのですがここが踏ん張り時だともおもうのです!

 

ライター兼翻訳を本業にして一年弱、やっと月に20万以上はコンスタントに稼げるようになりました。

今回の翻訳は1週間の納期で特急料金なんで25万円頂くことになりましたが、短期間でそれほど大金の動く案件は初めてです。

軍事用語満載で死にそうですが、学ぶところもありますし、何よりクレジットが翻訳者として残るのでそれが嬉しいです。

お金ももちろん大切ですが、クレジットの有無ってライターやフリーの翻訳家にとってやる気がでます。

次のステップに繋がる気がしますしね。

だから、体壊さない程度に自分の限界に挑戦することってフリーランスにとって一番大切なのかなーと。

今後は取材記事もたくさん書きたいし、アクティブに攻めていきたいです。

早寝早起き、そして最近ハマってるダイエット兼筋トレを続けてストイックに生きます笑

いつか自分がいなくなっても、中原流花という名前が残るってことは、自分にとっては意義あることだも思うので、できるだけ妥協せずに頑張りたい所存です。

明日も、明後日も、ずっと頑張ろう