ひびこれ。

2016年からライター。1年で月収35万達成、最高50万達成、境界性パーソナリティ障害、双極性障害など

安請け合いはしないことに決めた。

フリーライターになって半年以上経ちました。それなりに複数のクライアントさんとのお付き合いも続いていて、どんなクライアントさんが何をどのくらいのレベルで求めているかも把握できるようになりました。

つまり、逆にいえば超高額案件!とうたいながらも「それ時給換算したら最低自給より下じゃないか?」ってお仕事の見分けとかもつくようになってきました。

最初のうちは依頼されると嬉しくてなんでも引き受けていたのですが、今はスカウト機能でメッセージが来ても7割はスルーです。

ライターの足元見てますね…クラウドソーシングと直取引のライターどちらもやってますが、ビビるほど安いのに専属ライター並みのハイクオリティを求められます。

今のところ、このまま継続していきたい方の方が多いのですが、絞っていったほうが自分のためになると思ったらお仕事をいただく立場ですが選ばざるを得ません。

だって時間は限りあるものですから、何度も修正(というか無理くり付け足す)できないです…

A=BでB=Cだから、A=Cみたいな書き方してるとめっちゃ時間もロスです。

あと、レスポンスが異様に遅いところもフリーライターとしては不安がありますね。企業に属してないことのデメリットはこんな感じなのかなぁと思いつつ、いつでも仕事を選べるからこそ、フリーなんだと実感…