読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひびこれ。

駆け出しのフリーライター兼翻訳者。ことばの箱、言語の波にのまれて生きる。

信頼されるために。

お仕事 日常

フリーランスとして働いていると、やっぱり自分の代わりはいないのだなぁと思うことがあります。

ですから、手術の内容や病状を伏せてはいますが、クライアントさんに手術することを伝えておかないと、納期にズレが生じて迷惑をかけてしまうことになります。

だいたい私は納期のギリギリではなく、余裕を持って納品しているのですが、それが「今度もこの人に執筆依頼しよう」という信頼につながっていると思います。

ですから私は、わかっている予定などはきちんと早めに伝えたりしています。

信頼されるためには、早め早めのアクションが必要だと思うのです。

たとえばライターをしていると、記事の修正が入ることも稀ではありません。

 

些細な修正でも、その時パソコンに触れられる環境ならばすぐに修正して送ります。

無理な場合でも、いつまでに送るかをきちんとメッセージを残します。

そうすると、「この人はきちんと対応してくれるな」と思って貰えますし、修正の必要だったものでも感謝して貰えますし。

やっぱり感謝されると嬉しいものですし、できるだけお互い労力を無駄にしたくないですしね。

対価の分はきちんと働くという簡単なことが、信頼に繋がるんだなと思いました。

お仕事を頂けるようになってきて、ありがたさがわかりました。